廣瀬武夫

廣瀬武夫hirose takeo 慶応4年/明治元年(1868)~明治37年(1904) 明治時代の海軍軍人 大分県竹田市
先人一覧へ

プロフィール

廣瀬武夫は、慶応4年(1868)5月27日、豊後岡藩士廣瀬重武の次男として生まれた。明治10年(1877)には裁判官であった父親の任地である飛騨高山の煥章〈かんしょう〉小学校に転入した。明治15年3月同校を卒業、同校の代用教員となる。明治16年12月、海軍の予備門的な東京攻玉社〈こうぎょくしゃ〉に学び、同18年築地の海軍兵学校に入学した。また、明治16年10月には講道館に入門し、同32年には4段に昇段した。

海軍兵学校を卒業後、明治24年(1891)には、海軍少尉に任官され「海門」「比叡」「筑波」「扶桑」に乗船して太平洋での遠洋航海を体験している。海軍大尉に昇進後、明治30年(1897)から35年3月までのロシア留学に抜擢され、同国駐在武官としてドイツ・フランス・イギリスも視察している。

明治33年9月には海軍少佐に昇進し、日露戦争には戦艦「朝日」の水雷長として出撃。同37年(1904)3月27日、第2回旅順港閉塞戦で「福井丸」の指揮官となり、退艦時に行方不明となった杉野孫七上等兵曹を3度も探したが見つからず、やむをえず離船するボートの上で被弾、戦死した。享年36歳。死後、中佐となり、「軍神」として国民的英雄となった。

外面的な栄誉には全く無関心で、酒も煙草もたしなまない。武芸に秀でても粗暴な挙動がなく、ひたすら軍務に没頭したことも「軍神」と称された理由のひとつだと考えられる。

ところが、第2次大戦後、女性嫌いで知られた廣瀬にも、ロシア駐在時代にロシア海軍少将の次女アリアズナとの熱烈なロマンスがあったことが、明らかになった。祖国同士が争うことになるとは露ほども知らない二人の恋は人々の感動を誘い、廣瀬中佐の意外な一面を伝えるエピソードとなった。

彼の人生の一端は司馬遼太郎の『坂の上の雲』にも登場する。最近では櫻田啓が『広瀬武夫~旅順に散った「海のサムライ」』と題して、文人、外交官としての廣瀬に焦点を当てた小説がある。また昭和45年(1970)に島田謹二が著した『ロシアにおける廣瀬武夫』は廣瀬武夫研究の先駆けとなる文献である。また、昨年、アリアズナの肖像写真がロシアで見つかり、また旅順に流れ着いた廣瀬の遺体をロシア軍が丁寧に荼毘に付した記録が発見されるなど、新しい発見も相次いでいる。

ふるさとの自治体「大分県竹田市」

参考文献