多久茂文

多久茂文taku sigefumi 寛文9年(1669)~正徳元年(1711) 多久4代領主 佐賀県多久市
先人一覧へ

プロフィール

多久茂文〈たく・しげふみ〉は、佐嘉藩2代藩主鍋島光茂〈なべしま・なおしげ〉の3男として生まれましたが、幼くして多久氏に養子に迎えられ、佐賀城下で成長しました。父光茂は、芸術や学問に造詣が深く、また、徳川光圀〈みつくに〉の遠戚として光圀から様々な薫陶〈くんとう〉を受けています。その父の影響もあったのでしょう。茂文は幼児より「好学の徒」といわれるほど学問好きであり、とくに儒学を座右の学問としていました。それに加えて、佐賀藩では江戸時代初期より儒学が盛んで、城下には著名な学者がたくさんいました。また、隣藩の小城〈おぎ〉を中心に、黄檗宗〈おうばくしゅう〉が隆盛し、中国仏教や中国文化の影響が強かったことも、少年茂文と儒学を結びつけた一つだと考えられます。

貞享3(1686)年、17歳で多久領4代領主となった茂文は、政治的理由からおこる経済的困窮や一族への不信感となった、領民の悲惨で苛酷な状況を解決する糸口として儒学を導入します。

孔子の教え、とくに「敬〈けい〉は一心〈いっつしん〉の主宰〈しゅさい〉、万事〈ばんじ〉の根本にして、而〈しこう〉して万世聖学の基本たり」という朱子学の「敬いの心」を指針とし、学校を創設することにし、佐賀から著名な儒学者河浪自安〈かわなみ・じあん〉を招いて東原庠舎〈とうげんしょうしゃ〉を創設しました。

また、「廟舎〈びょうしゃ〉を視れば則〈すなわち〉敬を思う」という先人のことばどおり、孔子の教えの象徴として聖廟を建立。人々は、その聖廟を見て、難しいことはわからなくとも、敬意の念がおこり、自然に孔子の教えの基本が身についてくるに違いないと、茂文は考えたのです。

聖廟建設の目的は元禄14(1701)年、「文廟記〈ぶんびょうき〉」に記しています。茂文は東原庠舎や多久聖廟を通して、親を大切にし、人を敬い、礼儀をつくすといった、人としての道を領民すべてに伝えることで、多久を蘇らせたのでした。

ふるさとの自治体「佐賀県多久市」

「近き者説(よろこ)べば、遠き者来る」――この言葉は、まちづくりや治世の原点を表したとも言える。論語の言葉です。自分の郷土や身の回りのことに関心を持ち、少しでも良くしていくことで、それが周りの人へも及び、喜びとなり、みんなが自身と誇りを持てるまちとして育っていくようになれば、実にすばらしいことである。多久市では、江戸時代に多久茂文が伝えた孔子の教えを活かした地域づくりを進めています。

参考文献