アーティスト・イン・レジデンス

アーティスト・イン・レジデンス

劇場専属芸術家として、一年を通して劇場内で作品創作やワークショップを開催します。

アーティスト・イン・レジデンスとは、芸術家が一年を通して劇場内で作品創作やワークショップを開催し、創作現場や作品を公開することにより、作品を創る喜びや楽しみをみなさんに体感してもらう取り組みです。

アーティスト・イン・レジデンス2017
加藤真美(陶芸家)
市内在住。常滑市立陶芸研究所にて学ぶ。庄六賞茶碗展大賞ほか、多数の受賞歴を誇る。フランス、スペイン等国内外で個展・ワークショップを開催。アメリカ、トルコをはじめ各国に作品が収蔵されている。現在名古屋芸術大学非常勤講師、とこなめ陶の森陶芸研究所講師を務める。

アーティスト・イン・レジデンス

ピックアップ

2017.9.2(土)
陶芸ワークショップVol.3(終了しました)

活動アーカイブ

  • 2017年
search star user home refresh tag chevron-left chevron-right exclamation-triangle calendar comment folder thumb-tack navicon angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down quote-left googleplus facebook instagram twitter rss